メリットとデメリット(不動産担保ローンおすすめ)

メリットとデメリット(不動産担保ローンおすすめ)

TOPページ 不動産担保ローンの基本 > メリットとデメリット

 

メリットとデメリット

不動産担保ローンとは、主にこれから事業を始めようと考えている方や、あるいは、既に何らかの事業を行っている方に利用されている金融商品の一つです。

金融商品を取り扱っている会社では、こういった不動産担保ローン以外に、様々なローン商品を取り扱っているのですが、以下、不動産担保ローンに関して説明をしていきます。


不動産担保ローンのメリット

金融会社の提供する不動産担保ローンを利用するメリットとしては、以下のような点を挙げることができます。

・金融会社に差し入れる担保の中でも、比較的担保価値の高い、土地や建物といった不動産を担保に入れることによって、比較的大きな金額を借り入れることができる

・金融会社の提供している他の金融商品を、過去、あるいは現在利用していて、金融会社に取引振りが良好であると認められれば、優遇金利で不動産担保ローンを借り入れることができる場合もある

・金融会社側として見ても、経済情勢によって価格の変動はあるものの、比較的安全性の高い不動産を担保に入れてもらうことによって、担保保全を図ることができる

・金融会社側でも、不動産を担保に入れてもらうことによって、担保保全を図りやすいので、お金を貸しやすい
・金融業者側に、物的担保である土地や建物といった担保を差し入れ、また場合によっては、連帯保証人といった人的担保を提供することにより、比較的低金利でお金を借り入れることができる

・一定金額を借り入れ、元本とともに利息を払ってきる方式の不動産担保ローンではなく、借入限度額内で、繰り返し借り入れることのできる方式の不動産担保ローンを利用すると、一度不動産担保ローンを取り扱っている金融業者を通して、審査が下りると必要なときに繰り返し不動産担保ローンを利用することができる


不動産担保ローンのデメリット

金融会社の提供する不動産担保ローンには、上記のようなメリットもあるのですが、デメリットもあります。

不動産担保ローンのデメリットとしては、以下のようなものを挙げることができます。

・土地や建物といった不動産を所有していないと、お金を借り入れることができない

・金融業者側に、所有している土地や建物といった不動産に、抵当権や根抵当権といった担保物権を付けられる

・所有している土地や建物といった不動産に、先順位で、抵当権や根抵当権といった何かしらの担保物権がついていると、担保不足と見なされ、希望する金額を借り入れることができない場合がある

・所有している土地や建物といった不動産に、先順位で、抵当権や根抵当権といった何かしらの担保物権がついていると、金融業者からお金を借り入れる際に、順位変更を要求される場合がある

・自己所有の土地や建物といった不動産の担保価値が、借り入れ希望額の担保を保全するのに十分ではない、と判定された場合には、他の土地や建物といった不動産を追加で担保に入れるように要求される場合がある

不動産担保ローンは、このようにメリットとデメリットを両方持ち合わせた金融商品です。

不動産担保ローンを利用してお金を借り入れたい、と考えている方は、こういった点を考慮しつつ、金融業者の窓口でお金の借り入れに際しての相談を進めていくとよいでしょう。

不動産担保ローン会社比較

wa-aka.png 東京スター銀行「スター不動産担保ローン」・・・有担保ローンならではのうれしい金利!さまざまな資金ニーズにご利用いただけます(事業性の融資を除きます)。 最長20年のゆとりある返済計画をたてていただくことも可能です。

wa-aka.png 関西アーバン銀行
・関西で「おまとめローン」で知られる銀行です。不動産担保ローンにも積極的で金利は6.8%~14.5%、融資額も200万円以上2,400万円以内と銀行だからこその高条件を提示しています。関西在住の方だけではなく全国からの申し込みに対応しています!

U-Financeご融資どっとこむ総合マネージメントサービス 日宝 三鷹産業といった業者があります。

ページトップへ↑